風物詩

毎年恒例になったこの時期のもの。

 です

毎年、たくさんの渋柿をいただくので(木箱で4箱ほど)

干し柿づくり半分、渋抜きを半分。

相談役を筆頭に女子社員(キッチリシゴトモシテルンデスヨ・・・)によって作業が行われます。

皮をひたすらむきむき・・・

渋抜き用のお酒をひたすらつけて箱詰め、箱詰め・・・・

黙々と作業すること数時間。

今年もみごとな柿のカーテンができました。

渋抜きは10日ほどで空気にさらしたあと食べごろになるそうで、

干し柿は・・・途中もみもみしながらできあがりまで2~3週間くらい。

楽しみに待つことにしましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。