令和元年9月19日

むつ市立奥内小学校にて

産廃協会青年部による環境学習支援事業が行われました。

奥内小学校は

1年生2名 2年生2名 3年生4名 5年生9名 6年生6名からなる

全校生徒29名の小学校です。

今回初めてエコパンに挑戦したうちの社長。

(・/ω・)コソリ<着ぐるみは顔を出しちゃいけませんよ・・・・

Σ(・ω・ノ)ノ! エコパンしゃべっちゃってる・・・・(笑)

本来しゃべらないんじゃ・・・(・_・;)

社長らしいといえば社長らしいです。

西田部会長から開会の挨拶があり

子供たちと環境クイズです。

エコパンも一緒に回答です。

・・・・正座がカワイイ・・・・(でも中身は社長・・・)


エコパン間違えずに答えられたかな??

 

そして外に出て木くず破砕の様子を実際に見てもらいました。

エコパンも子供たちと見学です。

 

木くずは細かく破砕され、木材チップとしてリサイクル利用されます。

木材チップは紙製品、発電用の代替燃料、堆肥などさまざまなものに利用されます。

その木材チップを子供たちにも触ってもらいました。

みんな興味深々に触ってくれています。

一生懸命話を聞いてくれた子供たちにエコパンからプレゼント

全校生徒29名。素直で素晴らしい子供たちでした。

環境を学びモラルある立派な社会人になってもらいたいです。

エコパンはそう感じたそうです(^^)

 

おまけ

ちょい悪パンダ( ̄▽ ̄)